「良質コンパクトの新築住宅」があなたのお近くに

住み慣れた神戸で初めてのマイホーム。 「暮らし易さ」「買い易さ」「ライフスタイルの合わせ易さ」…
これら3つの要素を凝縮した新築住宅を。

CONTACT

本北4丁目

基礎工事の完成までをBlogでご紹介いたします。

両サイドの宅地を擁壁でガッチリと止めた後に、基礎工事です。

 画像は通常の基礎からさらに下に伸ばして宅地の土が崩れないようにする役割を果たしています。

まずは型枠をバラして、まずは深基礎が完成!

これでどんなに大雨が降っても何の心配もいらないv

深基礎を造る際に掘った土を機械で押し固めながら埋戻ししていきます。

この工程によって土が押し固められます。

やっと通常の工程に入っていきます。

 

まずは床掘といって基礎の立ち上がり部分が乗っかってくる外周部を掘っていきます。

そして湿気が上がらないようにビニールをかぶせて、掘った所にコンクリートを流していきます。

そして鉄筋屋さんが鉄筋を組んで、瑕疵担保責任の検査機構JIOによる配筋検査を行ってもらいます。

もちろん一発でOK!

土間にコンクリートを流し込みます。

写真に写っているのは、うちの基礎工事のスペシャリスト!

土間が乾いたら、型枠を組んでまたまたコンクリートを流し込みます。

堂々の完成!

今回は長く感じた・・・

手前味噌にはなりますが、やはりうちの職人さんたちは凄いです。

それでは、また次回は棟上げが完了したぐらいでご紹介いたします。